【Twitter】モヤモヤの言語化

  • 2021年6月20日
  • 2021年6月28日
  • 日常

モヤモヤしていた。

Twitterに対して、モヤモヤしていた。

関連記事

先日Twitterのアカウント削除しました。 フォロワーさんは680名くらい。(そんなに多くない) ここまで伸ばすのに4か月くらいかかって、 ブロガーとしてかなり勿体ない。 仲のいい人もできてきてた。 […]

↑の記事を書いた時にある程度原因を掘り下げたけど

なんだかスッキリしていなくて。

今日SNSを見た時にヒントが落ちていた。

原因なんだったの?

原因は、

外野の誰かの不用意な発言を心待ちにしている感。

要らぬ発言をしている当事者もそうだけど、その周り。

見つけると待ってましたと言わんばかりに、自分の鬱憤を晴らす感じ。

何かあっても、最初に発言した人に責任を押し付けて逃げれる感じ。

これだ。

せこいし、流されてる。

考えないで行動したって感じもあまり好きじゃない。

掘り下げ大事。

感情が言語化できてよかった。

考えないと嫌いにならないでいいことまで巻き添えにしてしまう。

自分の誤解で何かを悪くいってしまったり、嫌いになるのは避けたい。

そのための掘り下げだ。

これまで壁にぶち当たったとき、時間の経過を待つばかりだったけど

最近は感情について考える機会が増えた。

感情の原因がわかっていたとしても

気付きたくないことだってある。

ただ、ちょっと寂しかったり、虚しさはあるかもしれないけど

勇気を出してその原因から離れてみると得られるものも多い。

Twitterから離れたら結構ネタ浮かぶし(アウトプットしない分)

離れるのもいいかもな。

寂しいけどね。