自信のない原因はこれ。割り切る方法を解説!

こんばんは!わっさーです。
私は、自信が全然ありませんでしょた。
けどつい先日、一緒に働いていた後輩ちゃんに「メンタル強い」と衝撃の一言を言われ。。
こんな自分にも自信がついてきたのかなと思いました。

わっさー
ついにこの境地まで来てしまったぜ
ゲッペルわっさー
いや寧ろこれからが本番だろ

自信がないときって自分どうしてたかなーと考えたら気付きがあったので
振り返りながらアウトプットしたいと思います。

気づき:どんなことも他人と比較しまくっている

よく人と比較しないって自己啓発本に書いてありますよね。

人と比較することは個人的に悪いことではないと思っています。(レベルの把握や競争で必要なこともある)

ただ、自分が自分でいられなくなるほど比較するのはよくないですよね。

自信がない人はそのレベルまで比較して自分をボッコボコにしている人も多いかもしれません。

皆さんの視点から見えていることも事実だと思いますが、向き合い方を考える必要があると思います

擬人化わっさー
あくまで私の経験ですが、参考になればうれしいですー

初心者なのにその経歴が長い人と比較してしまっている

会社などがわかりやすいと思うのですが、皆さんを指導してくれる先輩社員は

少し皆さんよりも入社が早い、あるいはベテランの育成の方ではないでしょうか。

育成を任されるということは、その人のマインドや技術などを

会社認めていることに成り立っていると思います。

わっさー
教育の面で指導させてるところもあると思いますが

入ったばっかりで、関わる社員も少ないはずですので、そんな先輩社員のスキルが全てに

見えて、自分は全然できてない。。と焦ってへこむ人もいるかと思います。

ですが、見出しにもあるように「初心者」です!やったことがない事をしているので

それが当たり前です。むしろ、伸びしろしかない。。。と考えると気が楽になりますよ。

入って慣れてきたら先輩に挑むのもありかなと思います(もちろん実績での勝負でですよ!)

比較する人がその分野のうまい人ばかり

例えば、私はお菓子づくりを小さい頃からやっているので、それなりに作ることができます。

実際に食べれる程度にはできているのに、めちゃくちゃお菓子の上手い友人のインスタグラムを観て

「私はこの程度でできていると思ってはいけない。。」

なんて感じて。向上心があるのはいいと思うのですが、

この現象が他の分野(タイピングの早打ち、写真の技術など)でも起こってしまって、

私にはできていることがない・・・!みたいな変な錯覚に自分を追い込んでしまっていましたwww

今ブログに起こしててもストイックにも程があるだろと思って笑ってしまうんですけど、

そう思ってるときは真剣に思ってるし、ずっと追い詰められてるから

周りが褒めてくれるのも信じないしで。(だって他の人はもっとできるてるし)w

これの対処法なんですけど、「色んな人の優れた部分VS自分の技術」比較しているので

自分が優れていると思っている人、1人1人に焦点を当ててみてください。

数学が苦手な人もいるだろうし、関節がしぬほど硬かったり、足がめっちゃ臭い人もいると思います。

つまり完璧な人なんていないですよね。何ならその悩みを彼らが持ってるとすれば、

数学が得意なあなた、身体が柔らかいあなたは憧れの存在かもしれません。

そう考えて、自分のことを認めてくれる人の側に行くようになると、

「上には上がいる」という意識も持ちつつ、自分の自信がついてきているなと感じています。

できるかどうかを不安に感じて挑戦できない

これに関しては比較のし過ぎで

自分はもうだめだ。。と思って挑戦に億劫になっている人の話になってきます。

自分自身への印象がマイナスになっていると思います。この気持ちのいけないところは

新しいことをやろうという時にこの印象が邪魔をして踏み出せないという部分です。

ここで考えたいことは

  1. やったことがない事に対して、無理なのでは。。と感じているのか
  2. ある程度やってみて無理(難しい、苦しい)なのか

という部分です。

2の場合は人には得意・不得意があるので、無理に頑張らなくてもいいと思うのですが、

1の場合は自分自身の想像でそう考えている状態なので、実際にやってみての判断をオススメします!

もしかしたら、いい方に進むかも。^^仮にそうじゃなくても今後の選択の際に経験が役に立ちますよ。

擬人化わっさー
以上3つのケースをご紹介しました!

まとめ

  1. 初めてやることを玄人と比較しない
  2. 色んな人の優れた部分VS自分の技術は当たり前へこむ
  3. 想像で決めつけない

1・2に関しては話してること同じ気もしますけど。。まあいいか(ぐへぇ)

自分を認めてあげつつ、ほどほどに頑張りましょう~~