【Excel 初心者向け】ショートカット

皆さんこんにちは!わっさーです!

わっさー
突然ですが、皆さんExcel(エクセル)は得意ですか?

私はすごく苦手意識を持っていましたが、つい最近までいたインターネット広告業界では

ほとんどエクセルで業務をしていたので、初心者でしたがある程度できるようになりました。

苦手だった自分でも覚えられて実行できる、便利だなと感じたショートカットを紹介していきたと思います!

ショートカットをショートカット!クイックアクセスツール

これから紹介するツールはショートカットを覚えるのが苦手な方、タイプ数が多い

ショートカットにうんざりしている方におすすめのツールです。

Excelではalt  、alt  ・・・という[alt]と[数字]を組み合わせたコマンドに

自分がよく使う機能をショートカットとして登録することができます。

画面左上の「ファイル」⇒「その他オプション」⇒「クイックアクセスツールバー」から登録可能です。(下の写真の画面)

左側の作業内容一覧からショートカットにしたい項目を選択して、真ん中の「追加」ボタンを

押して追加していってください。

私の場合はよく使う下記の項目をクイックアクセスツールバーに登録しました。

  1. 値の貼り付け/ショートカットだとalt + e + s + v
  2. フィルターの追加または削除/ショートカットだとalt + d + f + f
  3. フォントの色/ショートカットだとalt + h + f + 1
  4. 塗りつぶしの色/ショートカットだとalt + h + h
  5. ピボットテーブル/ショートカットだと範囲選択後、alt + d + p + n

これらをツールに登録することでショートカットをさらにショートカットすることができました!

  1. 値の貼り付け alt + 1
  2. フィルターの追加または削除 alt + 2
  3. フォントの色 alt + 3
  4. 塗りつぶしの色 alt + 4
  5. ピボットテーブル 範囲選択後 alt + 5

追加が完了したらOKクリックして完了です。追加していった順に1から順序よく登録されていきます。

並び替えなどもできるので使いやすいようにカスタマイズしてみて下さい^^

行と列を簡単に入れ替えられるショートカット(縦と横が逆に入れ替えられる)

在庫管理表などを作り直したいとき、この項目縦並びじゃなくて横並びにすればよかった。。

なんてことが起きると思います。そのとき便利なのが、alt e s e a です!

列や行をコピーした状態でこのショートカットを打つと、

縦⇒横、横⇒縦 に貼り付けされます。(行と列を入れ替えられる)

1.位置を入れ替えたい範囲をコピー(下の写真)して

2.貼り付けたい場所(今回はA8)でalt e s e a  を入力します!

そうするとデータの位置を入れ替えることができます^^

今回の例の場合、日付を行に並べると横長くなってしまい、見づらいですが

少ない商品の項目を行に持ってくることで視認性がよくなったのかなと思います!

被っている項目を削除できるショートカット

社員名簿などを作成する際に、リストに名前被りがあると重複して手続きをしてしまうなど

面倒なことが起こってしまいます。そんな重複を削除してくれるのがalt a m です。

1.重複カットをかけたい範囲を指定します。

この時の名前だけを範囲指定してしまうと同姓同名の人がいた場合その人のデータも削除

されてしまうので注意が必要です。

2.範囲を指定したらalt a mを入力します

下記の画面がでてきたらOK(Enter)。

3.確認画面がでてきて、重複していた「1 山田」が削除されて確認画面がでてきます。

今回はこの3つまで!またこれかも紹介していきたいと思います~

取り上げてほしい関数などがありましたらツイッターやインスタグラムからレスください^^

文章の最初に【エクセルの件】といれて頂けると見逃しがないかと思いますmm

ではでは!