【仕事】チーム貢献/メンバーとしてできる事

わっさー
皆さんこんにちは!わっさーです。

今回のブログはお仕事編で、コミュニケーション・データの処理が下手な私が、

チームに貢献できるようになる為にしたことをご紹介していきたいと思います!

(社内でチームへの貢献度を図る投票が月に1度あるのですが、MVPとノミネート複数回受賞することができました)

話の途中でドキッとするよう表現があるかもしれませんが、誰かをさしたり傷つける意図はないですので

ご容赦ください(私自身の自分に対しての印象がネガティブなのできつい表現になるかもです)

まず初めに、私にはこんな所があります

  • マルチタスクが苦手 ⇒ 似た作業が多いと混乱
  • 繰り返しの作業で途中意識が飛ぶ(空白の時間がある/頭が真っ白け)
  • これいいんじゃないか!と思ったアイデアをそのまま反映してしまい過程が遡れなくなる
  • 表情にでないので緊張していても不愛想なやつにしか思われない
  • 言い方がつっけんどんなため冷たい人だと思われる
  • 冗談がまるで通じない(冗談を言われてもダメージがあるからあまり人と接しなくなる)
  • できない自分は人から嫌われるのではないかという謎の自意識があり、なかなか質問できない。

これって合わせてみると、「不愛想な仕事ができない人」なので、早めに改善しないと自分自身も気にして落ち込むし、

チームでも厄介者のレッテルを貼られてしまうので、できれば早々に改善したいところです。

しかし、この印象は、発言や姿勢で必ず変えられるものです。

わっさー
トレーナーにあいつは仕事をなめていると目の前で誰かに話しをされたこともありました。
最終的に頼ってもらえるようになったけど

どう動いて行ったか、これから上げていきたいと思います!

私みたいに不器用な方に参考になればうれしいです。

組織の目標を確認する

これをやるだけで、変な空回りをしなくなります。(何もできてないという焦りがなくなります)

私みたいな方は日頃自分に対して、会社に貢献できてない、迷惑をかけているという意識をもっている方が多いと思います。

そこで、所属している組織の目標を確認することで、明確な動きができるようになるかと思います。(案件1人●●件対応など)

人数が多い規模の会社だと、そのへんの伝達が組織の末端まで来ていないことがあります。

チームの上長や自分の面倒を見てくれている人に時間を作ってもらって、目標を確認してみた方がいいです。

確認した後、すぐに動いてはいけません。自分なりの目標へのアプローチを確認した人へ話してみましょう。(ずれてないか確認できます)

こうした対応をすることで、組織に対して関心を持っていることが認識されて、ちゃんと気持ちがある人間と認識されますし、

何より目標が立てやすく、突っ走ることがありません。

わっさー
私がこれができたのは人間関係に恵まれていたからかもしれませんが。。

自分なりに考えて作業しない

周りに多くの先輩がいる場合、その人たちの技を盗みましょう。

人に迷惑をかけまいと自分なりに考えて行動すると、初めてやる作業などは返って作業工程が増えてしまったり

作業が複雑になってしまう可能性があります。その結果、頭が混乱してしまったり、作業の後追いができなくなってしまったりして、

自分の首を絞めかねません。「この作業複雑だな」、「これやるとなんだか疲れるな」、「そもそも何のこっちゃわからない」

と感じるものがあれば、周りの人にフラッと相談してみたほうがいいです。答えをしている人がいる可能性が高いです。

また、1人ではその業務自体の改善をしたらいいのか、手元だけの作業を改善したらいいのか判断できていない場合があるので、

周りが忙しくしている場合気が引けるかもしれませんが、意図を伝えてちょっとだけでも確認してもらうようにしましょう。

それだけでも生産性の改善になりますし、仕事がしやすくなることで億劫さや苦手意識が減り、組織へも自分自身へもプラスです。

複雑な作業を単純にすることで頭がすっきりして混乱しにくい環境を作りましょう。

わっさー
変な工夫してフォーマットがぐちゃぐちゃになってたっけな。。。汗

大きくこの2つになります。

これをクリアして、仕事に慣れてきたら、自ずと人のフォローなどができるようになってくるので

それまで焦らずに気長にやりましょう!